住宅ローン

住宅ローン

令和元年税制改正・小規模宅地等の特例はこう変わる

土地や事業をしていた土地について、その全てに相続税が満額かかってしまうと、それを引き継ぐ相続人が住む土地や事業をする土地を失うというリスクを少しでも減らそうという目的から生まれた「小規模宅地等の特例」。令和元年税制改正により、要件が少し変...
不動産購入

選ぶべきリノベ物件は築20年~25年のマンション!

私にしては唐突なタイトルですが、このような結論に至りました。以下にその理由を書いておきます。皆さんはどう思われますか? 理由1:老朽化しているかどうかは築年数ではなくメンテナンスが鍵 マンションの構造である、コンクリートの寿命...
Uncategorized

家をはじめて買う人へ。フラット35とは?

「フラット35」は民間の金融機関と住宅支援機構(以前の住宅金融公庫)が提携した、長期固定金利の住宅ローンの一つです。最長35年間固定金利でローンが組めるため、低金利が続いている現在は非常に人気があります。一方で借入までに時間がかかるために...
不動産投資

事故物件の見極め方

お部屋探しをしているときに、「このアパート、ちょっと安すぎない?」と思う部屋を不動産会社から紹介されたことはありませんか?その部屋は事故物件の可能性があります。事故物件は、専門用語になりますが「心理的瑕疵物件(しんりてきかしぶっけん)に...
不動産購入

【住宅ローン控除拡大・すまい給付金】家を買うのはいつが得?

2018年12月14日、自民、公明両党は年度税制改正大綱を決定しました。その中には2019年10月の消費税増税に備え、住宅購入に伴う減税措置を拡充することが盛り込まれています。増税後に住宅を購入した場合、住宅ローン減税の期間が現行の10年...
不動産購入

住宅ローン控除と住まい給付金。お得な制度は両方受けたい!

住宅ローン控除の歴史は、1972年に導入された住宅取得控除までさかのぼります。いっぽう、住まい給付金は、平成26年から始まった、新しい制度です。どちらも住宅購入者には嬉しい制度です。これらの制度を最大限に活用するために、制度の内容...
不動産購入

iDeCoと住宅ローン控除、両方使うのは損!?

住宅ローン控除と個人確定拠出年金(以降、iDeCo)は、どちらも節税メリットがありますが、控除の金額と拠出金額のバランスで、住宅ローン控除のメリットがフルに活かせなくなる場合があります。2つの控除は「どの段階で控除するか」が異なります。i...
住宅ローン

マイホームを手に入れたのに転勤!住宅ローン控除は受けられる?

ローン控除は原則受けられない 基本的に、マイホームに住み続けないと、住宅ローン控除は受けることができません。「住民票を移動しなければ適用になる」「毎週自宅に帰ってくれば控除される」と思っている人がいますが、それは間違っています。 国...
タイトルとURLをコピーしました