Uncategorized

Writernista 吉井希宥美(よしい まゆみ)

プロフィール宅地建物取引士 ファイナンシャルプランナー(2級・AFP)家族信託コーディネーター 日本女子大学卒。フリーライターとして13年活動したのち、住宅関係に関わりたいと不動産会社に就職。売買、賃貸を経験。ライター時代に培った...
不動産購入

【令和元年・税制改正】買取再販で扱われる住宅の取得に係る特例措置

個人が宅地建物取引業者により一定の質の向上を図るための特定の増改築等が行われた既存住宅を取得した場合に、所有権移転登記に係る登録免許税が軽減されます。   適用期限令和4年3月31日です。 税制改正の内容 宅地建物取引業者が平...
住宅ローン

令和元年税制改正・小規模宅地等の特例はこう変わる

土地や事業をしていた土地について、その全てに相続税が満額かかってしまうと、それを引き継ぐ相続人が住む土地や事業をする土地を失うというリスクを少しでも減らそうという目的から生まれた「小規模宅地等の特例」。令和元年税制改正により、要件が少し変...
不動産購入

選ぶべきリノベ物件は築20年~25年のマンション!

私にしては唐突なタイトルですが、このような結論に至りました。以下にその理由を書いておきます。皆さんはどう思われますか? 理由1:老朽化しているかどうかは築年数ではなくメンテナンスが鍵 マンションの構造である、コンクリートの寿命...
Uncategorized

遺言と家族信託

資産の承継には様々なものがあります。その中でも代表的なのが遺言です。今回、相続法改正により自筆証書遺言の要件の緩和が行われる予定です。いっぽう家族信託もテレビ番組で採り上げられるなどし、注目度が高くなっています。今回は遺言と家族信託の制度...
不動産投資

所有者不明地を売却できる日がくる

土地の所有者が複数の場合、今までは、すべての持ち主の同意が得られないと、売却・賃貸ができませんでした。しかし、一部、持ち主が分からない土地は国内にたくさんあり、そのような土地は売却・賃貸ができず困っていました。そこで、国土交通省と法務省は...
Uncategorized

変わる民法。不動産への影響は?

2020年4月1日から、民法の一部が変わります。契約書に民法改正に沿った内容が記載されていないと、契約自体が無効になる可能性が大きいです。また、賃料を減額になることが多くなると予想され、大家さんにとっては不利になりそうです。今回は、民法改...
Uncategorized

災害にあった時・罹災証明をもらうには?

内閣府によると、平成29年3月31日現在、熊本県における罹災証明書の申請件数及び交付件数は、申請件数208,983件に対し甲府件数は201,399件。96.4%の世帯に交付されています。今月もまた、台風により多くの世帯が被害を受け、罹災証...
Uncategorized

豪雨によるサッシからの水漏れの対処法

私は不動産管理会社に勤めていますが、豪雨の翌日には何本もの電話がかかってきます。その大半は「窓からの水漏れ」を何とかしてほしいとういう趣旨の電話です。先日の台風19号(2019年10月)は全国に大きな被害をもたらしました。翌日、不動産会社...
Uncategorized

おすすめしたい、インドアガーデンと間接照明

風情のある部屋をつくりたいなら、インドアガーデンと間接照明を採り入れることを提案します。間接照明は、明るさを求めるというより、雰囲気を楽しむための照明です。柔らかい光は副交感神経に働きかけ、リラックス効果があります。間接照明と相性がよいの...
タイトルとURLをコピーしました